2012.04.12 Thursday

世界を旅した植物たちの物語



世 界 は 大 き く て 広 い

言 葉 や 眼 の 色 や 肌 の 色 ・ ・ ・

場 所 ゝ に よ っ て さ ま ざ ま で あ る

plustree01.jpg

こ こ 大 阪 証 券 取 引 所 ビ ル の 植 物 た ち は

そ の 広 い 世 界 の あ ら ゆ る 場 所 か ら 旅 を し て き た

植 物 も 人 間 と 同 様 に 場 所 に よ っ て 様 々 な 特 徴 を 持 っ て い る





plustree02.jpg

こ こ に い る 殆 ど の 植 物 の 故 郷 は

年 中 ギ ラ ギ ラ と 光 る 太 陽

い つ 降 っ た か わ か ら な い 雨

こ の よ う な 砂 漠 の 環 境 で あ る

plustree03.jpg

そ ん な 故 郷 を 後 に し

や っ て き た  大 阪 証 券 取 引 所 ・・・・

日 本 特 有 の ジ メ ジ メ と し た 空 気

故 郷 と は 真 逆 の い つ 止 む か わ か ら な い 梅 雨

太 陽 が 懐 か し く 思 え る ビ ル の 峡 谷

と て も 厳 し い 環 境 だ が

皆 に 憩 い と 安 ら ぎ を 与 え る た め に 

や っ て き た の だ



+ T R E E の 役 目 と し て は

で き る 限 り 植 物 た ち が ス ト レ ス を

感 じ な い 環 境 を 作 っ て や ら な く て は な ら な い

そ の 為 に は 快 適 な 植 物 の 住 空 間 が 必 要 に な っ て く る






ま ず 水 は け の 良 く す る た め に 土 壌 を 改 良 し て い く

す こ し で も 水 が 溜 ま っ て し ま う と

植 物 た ち が 腐 っ て し ま う か ら だ

土 を 配 合 し 排 水 管 を 入 れ

よ り 雨 水 が 流 れ や す く す る






長 旅 を 終 え た 植 物 に 負 担 な く

根 を 広 げ て も ら う た め に 支 柱 を 添 え る

ビ ル 風 で 土 が 飛  ば さ れ な い よ う に

砂 利 や 景 石 な ど の 意 匠 を 施 し て い く

こ う し て 新 た な 植 物 た ち の 人 生 を

歩 む た め の ス ッ テ プ を + T R E E  は 手 助 け し て い く






大 阪 証 券 取 引 所 ビ ル 北 側 レ ス ト ラ ン 前

大 阪 市 営 地 下 鉄 堺 筋 線 「 北 浜 駅 」 2 7 番 o r 2 8 番 出 口 出 て す ぐ

g o o g l e   m a p は こ ち ら か ら



中 之 島 公 会 堂 の 近 く で す

近 く へ お 越 し の 際 は ぜ ひ ご 覧 く だ さ い



お 問 合 せ ・ ご 感 想 な ど 宜 し く お 願 い し ま す ね